海の見える町の食堂で

f0194004_23234630.jpg
f0194004_23234676.jpg
f0194004_23234610.jpg
f0194004_23234766.jpg
f0194004_23234770.jpg
f0194004_23234692.jpg

夏の日の出来事。

お盆休み期間に仕事が入ったため、今年は前倒しで短い夏休みをもらい嫁の実家に帰った。

8/10
久しぶりに一日中車を使えたので、ゆっくり時間を気にせす写真を撮ることができた。
(寝坊して朝焼けは撮り損ねたけど。)


遅い昼ご飯にフラッと立ち寄った平磯の「みその食堂」さん。
お父さんとお母さんが二人で切り盛りしている昔ながらの食堂。
この場所で50年近くも(創業はもっと古かったかも)営業しているとのこと。
建物は古いけど、店の中は隅々まで手入れが行き届き、

ご夫婦の人柄もあって自分の地元に帰省した様な懐かしい気持ちになった。


お母さんからは、創業当時の話や、隣で喫茶店もやっていたいという話。

(かき氷やあんみつ、当時は珍しかったカルピスを出していたグラスを見せてもらった。)

息子が整備士の資格をとるために仙台に住んでいた話や子育ての話まで、

いろいろな話を聞かせてもらった。
帰りには袋いっぱいにお菓子までもらった。



最近はお客さんが少なく、一人も来ない日もあるらしい。
昔は毎日忙しく、お父さんがバイクで出前もしていたそうだが、

今は年齢の問題もありバイクも廃車にしたという。

今は夏休みの時期なので、店の目の前にある平磯海岸(くじらの大ちゃんで有名。)で

遊んだ人が店を訪れるらしいが、この日も昼過ぎの店内には私一人。
椅子についた海の砂だけがその名残を感じさせた。



今の時代、こういうお店は流行らないんだと思いますが、

純粋に安心して食べれる物を(お母さんが言ってました。)、

良心的な価格で(カツ丼650円。他も安い。)提供してくれる。

お客さんが来なくても、毎日お店をきちんと掃除してお客さんをお待ちする。

個人的にはこういうお店が長く頑張って欲しいなと思うわけです。



本当にいいお店、いいご夫婦でした。

大洗、阿字ヶ浦、平磯にお越しの際は、是非足を伸ばし行ってみてください。




「みその食堂」
茨城県ひたちなか市平磯町1141






[PR]
by Sleggar1121 | 2018-08-10 23:31 | Daily life | Comments(0)

Copyright © Youhei Nakai


by Youhei Nakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31