タグ:RICOH GR ( 13 ) タグの人気記事


2017年 03月 31日

『西日』

f0194004_07150963.jpg



[PR]

by Sleggar1121 | 2017-03-31 07:20 | 日常 | Comments(0)
2017年 02月 03日

『仙台モノクローム』

f0194004_23235416.jpg
f0194004_23235523.jpg
f0194004_23235641.jpg
f0194004_23284969.jpg
f0194004_23235635.jpg
雪の仙台
雪はいいね
街をモノクロームにする


[PR]

by Sleggar1121 | 2017-02-03 23:26 | | Comments(0)
2017年 01月 31日

『仙台モノクローム』


f0194004_17381227.jpg
f0194004_17385262.jpg
f0194004_17400166.jpg
f0194004_17421222.jpg
f0194004_17430224.jpg
f0194004_17403094.jpg
f0194004_17432866.jpg
f0194004_17435999.jpg
f0194004_17441322.jpg
f0194004_17442834.jpg
f0194004_17445162.jpg
f0194004_17450990.jpg
f0194004_17453408.jpg






[PR]

by Sleggar1121 | 2017-01-31 17:40 | | Comments(0)
2017年 01月 22日

『仙台モノクローム』

f0194004_06501195.jpg
f0194004_06501132.jpg
f0194004_06501245.jpg
f0194004_06501293.jpg
f0194004_06501117.jpg
f0194004_07175437.jpg
f0194004_07155015.jpg
f0194004_07185608.jpg
f0194004_07200778.jpg
f0194004_07152504.jpg
f0194004_06500917.jpg
f0194004_06500966.jpg
f0194004_06500864.jpg
f0194004_07213603.jpg
f0194004_06501005.jpg

[PR]

by Sleggar1121 | 2017-01-22 06:42 | | Comments(0)
2016年 11月 10日

『あの日見た空』

f0194004_09384101.jpg
冬の夕焼け
もうすぐ一日が終わる








[PR]

by Sleggar1121 | 2016-11-10 23:33 | 空&海 | Comments(0)
2015年 12月 23日

『仙台モノクローム』

f0194004_013137.jpg

[PR]

by Sleggar1121 | 2015-12-23 22:13 | | Comments(0)
2015年 12月 11日

『日々のこと』

f0194004_911298.jpg

渡辺有子さんの『365日。小さなレシピと、日々のこと』
毎日のちょっとした出来事と、普段の食事のレシピを掲載したエッセイ。

何気ない日常生活の中にも、実はちょっとした幸せが転がってるわけで、
でも、毎日をあわただしく生きていると、その小さな幸せが放つ淡い光を見過ごすことも多いわけで、
それに気がつくにはちょっとしたココロの余裕と感性が必要なわけで、
そういうことに気付ける大人になりたいなと、、、

と、思わされた。
[PR]

by Sleggar1121 | 2015-12-11 15:00 | 日常 | Comments(0)
2015年 12月 06日

『路地裏ページェント』

f0194004_6212710.jpg


定禅寺通りの真ん中から見るページェントもいいんだけど、自分的には少し奥まったところから街並みと一緒に見るのが好きかも。
[PR]

by Sleggar1121 | 2015-12-06 22:23 | | Comments(0)
2015年 12月 05日

『朝』

f0194004_9163917.jpg


休みの日の朝は、カーテン越しにこぼれる朝の光もいつもと違って見える。
部屋はいつもと変わらず雑然としてるんだけど・・・。

なんとかせねば。
[PR]

by Sleggar1121 | 2015-12-05 09:19 | 日常 | Comments(0)
2015年 11月 27日

『余命宣告』

f0194004_21194334.jpg


親しい人が二度目の余命宣告を受けた。
病状は重く、最近では日常生活もままならなくなっていた。
歳は自分とひとつしか違わないのに。

なんて声をかけていいのかもわからず、病気のことについては話しかけたことがない。
いくら心配してもどうしてあげることもできないし、気持ちを察してあげることもできない。

誰もいない部屋に響く時計の針の音が意味ありげに聞こえる。

運命は非情だ。
[PR]

by Sleggar1121 | 2015-11-27 15:07 | 花・葉・木 | Comments(0)