嫁と息子と日常のなにげない風景と・・・。

sleggar.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 23日

『いちご狩り』

f0194004_8144180.jpg
f0194004_0545928.jpg
f0194004_0591365.jpg
f0194004_0592420.jpg



この日は仕事が無くなったので急遽『いちご狩りに行きたい!』という話になり、はじめて行ってきました。

まぁ、わたくし的にはそんなに食べたいわけじゃないんだけど、写真撮りがてらってことで。

でも、思いのほかおいしかった。
[PR]

by Sleggar1121 | 2015-03-23 08:15 | 家族 | Comments(0)
2015年 03月 21日

『落日』

f0194004_8135564.jpg

[PR]

by Sleggar1121 | 2015-03-21 22:14 | 空&海 | Comments(0)
2015年 03月 11日

『2015.3.11』

f0194004_0535116.jpg

あの忌まわしい1日から丸4年。

あの日のように雪のちらつく寒い朝だった。
そういういえば、去年の今日も雪だったっけ。
フェイスブックでみつけた『あの日のことを思い出すように雪なのかも知れない。』という言葉に妙に納得した。

ここ数日、テレビからは震災の特別番組が流れ、被災地の現状を映し出す。
被災地に暮らす人たちは、昔自分たちが暮らした家の前に立ち、笑顔で復興への思いを口にする。
表情や発せられる言葉は前を見て生きようをいう力強い言葉だが、目からは大粒の涙をぼろぼろと流す。
自分の意志の及ばないこころのずっとずっと奥には、まだどす黒い“あの日”の記憶がこびりついているのだ。

自分は直接被災したわけでもないし、住む家がなくなったわけでもない。
生活は震災前のそれにもどり、何不自由することもない。
4年が過ぎ、自分のなかではすべてを受け止め、消化したつもりでいる。
だけど、ふとあの日のことを思い出したり、テレビから流れるあの日の映像をみると、鼻の奥がツンとなり涙がこぼれる。
それは深い深い海の底に積もった真っ黒なへどろが、何かによってぶわっと巻き上げられるような感覚。
それはこころを暗く覆い、あの時の記憶がよみがえる。

街は4年の月日とともに、少しずつ復興への歩みを進めている。
しかし、未だ仮設住宅暮らしの人たちは多く、心労の絶えない日々を送っている。

うちの家族も例外ではなく、今になり身体的、精神的な部分にあの日の歪みが出てきている。

大きな事は出来ないけど、一日でも多く家族と接する時間を作りたい。





[PR]

by Sleggar1121 | 2015-03-11 23:59 | 東日本大震災 | Comments(0)
2015年 03月 11日

『日曜の朝』

f0194004_854896.jpg
f0194004_862295.jpg
f0194004_865466.jpg
f0194004_8758.jpg
f0194004_871544.jpg
f0194004_873024.jpg
f0194004_874218.jpg
f0194004_88322.jpg
f0194004_8121386.jpg
f0194004_0142448.jpg

[PR]

by Sleggar1121 | 2015-03-11 08:10 | | Comments(0)
2015年 03月 09日

『日曜の朝』

f0194004_872798.jpg
f0194004_88315.jpg
f0194004_883911.jpg
f0194004_885192.jpg
f0194004_89745.jpg
f0194004_892261.jpg
f0194004_810080.jpg
f0194004_8102532.jpg
f0194004_8114380.jpg
f0194004_891742.jpg

[PR]

by Sleggar1121 | 2015-03-09 08:12 | | Comments(0)