嫁と息子と日常のなにげない風景と・・・。

sleggar.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 27日

『notitle』

f0194004_23365924.jpg


遅ればせ、8/18の棚田。

最終日にいい条件になった。
[PR]

by Sleggar1121 | 2013-08-27 23:41 | 花・葉・木 | Comments(0)
2013年 08月 26日

『夏の終わり』

f0194004_2320999.jpg


今日から秋になった気がする。

バスの車内から見る空はまだ夏だけど。
[PR]

by sleggar1121 | 2013-08-26 20:54 | 空&海 | Comments(0)
2013年 08月 23日

『行くぜ、新潟。』

8/16、17、18と、新潟県十日町市に行ってきた。
どこかのどかなところで、夏休みの思い出をつくってあげたいなと思い、いろいろ探していたら十日町市の貸古民家を見つけ、素泊まり1泊3,800円にもひかれて家族と、近所の友達家族で行くことにした。
f0194004_21504840.jpg

出発当日の朝。
お盆中は嫁の実家の茨城へ行っていたので、茨城から新潟まで3時間半くらいのドライブ。

f0194004_174456100.jpg

待ち合わせ場所の松代駅。
ほくほく線というローカル線の駅。
とりあえず観光案内所でパンフレットをもらい、待ち合わせ時間まで時間かあるので近くの『農と暮らしのミュージアム』(あってる?)に行ってみた。
f0194004_17503949.jpg
f0194004_23552186.jpg
f0194004_17511271.jpg
f0194004_17512734.jpg

棚田や古民家が立ち並ぶ日本の原風景を思わせる景色の中に、突如さまざまなアート作品が点在している。
f0194004_23572461.jpg

そして少し山側に車を走らせればこの景色。

15:00。
今夜の宿に向かう。
見えてきたのは趣ある?古民家。
f0194004_013931.jpg

小高い山の中腹に位置するためこれ以上引けない・・・。
全景入りません。
f0194004_02252.jpg
f0194004_024198.jpg
f0194004_025646.jpg
f0194004_03589.jpg
f0194004_032011.jpg
f0194004_033070.jpg

玄関をくぐると土間が。
その玄関の上の小さいガラスが割れてなくなっている・・・。これでは虫が・・・。
洗面所、トイレはリフォームしてあってきれい。
網戸は後から木製の(手作り)のものが付いているが、隙間が・・・。あまり意味がないのでは・・・。
いや、無いよりはずっとましだ!
二階はちょっと天井が低い。
窓からの展望がなかなか。
何やら怪しげな部屋が・・・。
入ってみると物置になっている。のぞいてみると古びた蒲団が積み重なり、その脇には大きなツヅラが・・・。
な、、何が入っているかは怖くて確認できません。汗
想像していたよりボロ・・・、い~や、いやいや!そんなことない!気のせい!趣のある感じで。汗

ご利用の方はある程度割りきりが必要です。
でも比較的すぐ慣れます。(当社調べ)


f0194004_6591913.jpg
そしてこの日のこの日はこども達と夕御飯を一緒に作って(私はつくってませんが・・・、)
この後は近くの温泉に入りに行き、早々に就寝。(もちろん宿についてる露天風呂も入りましたよ!)
特におどろおどろしい物は出ませんでした。笑

f0194004_7113989.jpg

次の日の朝。
曇ってて太陽が出なかった。

この日は最初は『新潟県立自然大国』に行った
f0194004_23271372.jpg
f0194004_2328365.jpg

大国内の小川に入って虫探し。
カエルやメダカ、なんかよくわかんない生き物が結構捕れた。
こどもは水があるとテンションあがるね。
f0194004_23301787.jpg

捕った生き物を先生と確認。
f0194004_23304411.jpg

教室で観察。絵に描いてみる。
先生から小川の生態系などについでのお話なんかも聞いた。

その後はご飯を食べて、『森の学校キョロロ』へ
昆虫展をやってた。
f0194004_74334100.jpg
f0194004_7441080.jpg
f0194004_7442547.jpg
f0194004_864655.jpg

結構エグイ虫も多く・・・、
でも、結構楽しめました。

見終わって外に出るともう夕方。
川にも行く予定だったけど取りやめて、松之山温泉に行くことにした。
ここでお土産を買って、名物たれかつ丼を食べた。
かつ丼を卵でとじずに甘いたれをかけただけというシンプルなものだが、結構おいしかった。
食べた後は温泉に入って帰宅。

花火やって就寝。
f0194004_7594643.jpg

この夜は涼しく、扇風機無しでも寝れました。

翌日、一人で4:30起床。
棚田へ。
f0194004_81736.jpg

棚田を撮るのはこの日が最後のチャンスだったが、最後に良い条件で撮れた!
時間なくてポジションあまり探せなくて、定番的な場所からの撮影になったけど、すっごいきれいだった。



この後場所を移して荻ノ島地区へ。
f0194004_849696.jpg
f0194004_8492239.jpg
f0194004_8494076.jpg
f0194004_8495910.jpg

ここは茅葺き屋根の民家が立ち並ぶ小さな集落で、車通りのある道からは少し山側に上がったところにある。
通り抜けもできなく、他の地区とは別の孤立した集落のような感じ。
f0194004_8463535.jpg

住民の方達が、この地区で採れた野菜を持ち寄り、直売所を開いていた。
そこにいたおばあちゃんに、この辺の事や、不思議に思っていた何でこんなに古い民家が残っているのか等を聞いた。
すると、この妻有周辺は冬になると4、5メートルも雪の積もる豪雪地帯。それに何年か前の大地震等が拍車をかけ過疎かが進んでいるそうだ。
農業を生業にしているお宅が多いようだが、生産性の悪い山間部での米づくりは用意ではなく、若者が地元を離れ、残されたおとうさん、おかあさんが田畑を守っている。
その収入だけでは古い家を立て替えることができず、結果このような日本の源風景的景観が残ったかたちになったそうだ。
外から来た人間はそんな事知らないわけで、美しい風景にばかり目が行きがちだが、実際に住んでいる住人は深刻な問題を抱えている。
もちろんこの景観が、ネガティブな要因のみで結果的に残されたものではなく、自治体もこの景観を観光資源として活用し誘客を図ろうと様々な取り組みをしている。
その一つが有名な『妻有大地の芸術祭』である。
その他にも棚田の保全を目的とした『棚田バンク』
このバンクに出資した人は、一年を通して棚田米の生産(田植え~稲刈り~棚田米分配)に参加することができる。
この荻ノ島地区も、『かやぶきの里』として、景観を残していこうという取り組みが行われているそうだ。




この日は一緒に来た友達が都合により早めに帰ったので、うちらもお土産買って、途中、新潟によって帰った。

遠くて疲れはしたけど、あの風景は忘れらんないな~。
あんな風景がまだ残ってるとは思わなかった。
いろいろと便利な世の中になったけど、人と人、人と自然とが良い距離間で共存し、無駄を省きつつましく生きるという日本古来の生活はとても美しいと思う。

未来へ残していきたい風景だなと思った。

棚田バンク申し込もうかな。
[PR]

by Sleggar1121 | 2013-08-23 21:54 | 家族 | Comments(0)
2013年 08月 21日

『盆休み』

事後だけど記録的に
f0194004_7101665.jpg
今年のお盆休みはほんとに暑かった。朝からゴロゴロ。
f0194004_710288.jpg
『虫捕りしたい!』っていうので近くの公園に。
いざ捕ってみろというとペッピリ腰。笑
木の左側のちっちゃいのが蝉。
f0194004_710371.jpg
この公園はとにかく蝉が多い。
鳴き声もすごいけど、周りの植木がみんなこんな感じ。
f0194004_7104836.jpg
夏の日差しと緑が気持ちいい。
f0194004_7105753.jpg
夕暮れ。
f0194004_7111824.jpg
千波湖で黒鳥と鯉にえさやり。
f0194004_7113138.jpg
千波湖の公園。
日中は暑いので、みんな夕方から遊びに来る。
f0194004_7114262.jpg
もう暗いからっていうのに、ザリガニ捕りたいと近所の小川で。
暗くて見えないし。

こんな感じであっという間の帰省。
割りとゆっくりできたかな。
[PR]

by Sleggar1121 | 2013-08-21 07:22 | 家族 | Comments(2)
2013年 08月 11日

『summer 2013』

f0194004_20553629.jpg


今日は13年ぶりにサーフィンした。
そもそも夏しか入らないペーペーなもんで、それに輪をかけてこのブランクなもんで、ほとんどまともに乗れなかったけど、それでも夏の空の下で海に入ってるのは気持ちよかった。

ちなみに、、、女性の写真が続きましたが、こんなのばっかり撮ってるわけではございません。笑
女性の方が画になるんだよねー。
[PR]

by Sleggar1121 | 2013-08-11 20:52 | 空&海 | Comments(0)
2013年 08月 10日

『summer 2013』

f0194004_115795.jpg



波乗りもいいけど

Hey baby talk to me

あなたと見たい完璧な空を


              ~BONNIE PINK~
[PR]

by Sleggar1121 | 2013-08-10 11:59 | 空&海 | Comments(4)
2013年 08月 08日

『けんか七夕』

8/7、けんか七夕を見るために、高田に帰省した。
毎年8/7の開催なので、大概が平日のため仕事は休みを取った。
名取から朝6:00じ頃出発して到着9:30。
実家によって、昼の部をみに行った。
平日の昼間とあって人出はやや少なめだったが、カスミ(茨城)の方々が沢山手伝いに来ていた。

f0194004_7233054.jpg
安全を祈願して御祈祷
f0194004_7234556.jpg
f0194004_7235543.jpg
気仙町内を山車が練り歩く。
瓦礫だらけの市街地と、遠くには一本松も見える。
f0194004_724563.jpg
f0194004_7241393.jpg
f0194004_7242317.jpg
f0194004_7243284.jpg
f0194004_7244156.jpg
昼の部のけんか。
このお囃子を聞くとやっぱテンションあがるわー!
f0194004_7253316.jpg
夜の部。
山車に明かりが灯る。
f0194004_7254377.jpg
f0194004_7261322.jpg
夜の部一発目のけんか。
山車に乗った人たちが、振り落とされないように必死山に車にしがみついているのがわかる。
昔は山車に屋根に乗っている竹振りが、ぶつかった衝撃で外に投げ出された事もあった。
緊迫の一瞬。
f0194004_7262542.jpg
一戦目を終え、上手、下手を交換するために移動する山車。
f0194004_7265964.jpg

f0194004_7271073.jpg
f0194004_7271826.jpg
沿道を埋め尽くす見物客の方々。
f0194004_7272868.jpg
そして最後のけんか。

今年も無事に、事故も無く終了。
地元の有志、県内外の方々の支援を頂きながら開催までこぎつけた。
震災前よりも山車の数は少なくなったが、それでもけんかを見れて良かった。
来年は復興が進むと開催できない可能性があるらしいが、なんとかして開催してもらいたい。
応援してます!
[PR]

by Sleggar1121 | 2013-08-08 07:44 | 東日本大震災 | Comments(0)
2013年 08月 03日

『行くぜ、山形!』

今日は山形行ってきた。

f0194004_0522973.jpg
麺屋かぐらでラーメン食べて、そのあと立ち寄ったこんにゃく屋さん。味噌田楽激うま。
つーか人が拝んでるときにのぞくな!
f0194004_0524741.jpg
「ながい水まつり」に行く途中、白鷹町(だと思う)の集落。田舎を思い出させるような懐かしい景色にひかれ、ちょっと脇道にそれてぐるっと集落を一周。
f0194004_053122.jpg
あけびが名産なのかな?沢山栽培されてた。
f0194004_0532915.jpg
f0194004_0534024.jpg
こちらは長井駅。 フラワー長井線というローカル線の駅。お祭りに行く浴衣の女の子がいた。
f0194004_059390.jpg
「ながい水まつり」会場に着くなり水遊び。
f0194004_0543742.jpg
まぁ、こうなるだろうと着替えは持ってきましたが。昨日までの雨の影響でカヌー体験は中止。残念。
f0194004_0544978.jpg
屋台も結構出てた。昼間はお客さんも少なく人集まるのか心配だったが、花火の時間が近づくと結構な人出に。
f0194004_055027.jpg
雲が多く心配だったが、なんとかもった。
f0194004_0551126.jpg
花火は実質一時間弱くらいのものだったが、打ち上げ場所が比較的近かったので結構迫力があった。
最近は、東北○○大夏祭り!みたいなやつより、街や地区の人たちが中心になってつくるような小さなお祭りが好きだ。
時間あれば街中散策してみたかったなー。

帰ったの23:30.結構疲れた。
[PR]

by Sleggar1121 | 2013-08-03 23:58 | 家族 | Comments(0)